~整体師の夜間走行~Runner in the Dark~

整体師の日記。身体の整備工として自分の身体の整備と趣味のランニングに関するブログ

ピボット動作が最速につながる?

ヒトは地上最速の動物だった 高岡英夫の「神速」走行理論

 

この本にピボット系の動きというものが書いてあった

相撲の四股でのすり足などがその動きらしい

 

このピボット動作が最速につながるそうだ

緩い下り坂での歩く動作が習得につながるらしい

 

やってみよう

最速のために

 

 

ヒトは地上最速の動物だった 高岡英夫の「神速」走行理論

ヒトは地上最速の動物だった 高岡英夫の「神速」走行理論

 

 

ヒトは地上最速の動物だった 高岡英夫の「神速」走行理論

3つのポイントを意識して軸を作る

「4スタンス理論」で腰痛は9割治る!

 

軸が大切とよく言われます

この本では5つのポイントをつなげて軸を作るといいます

しかも、そのうち3つそろえれば軸ができるといいます

これは分かりやすいし、取り組みやすい

と感じます

 

5つのポイントは

土踏まず・膝・股関節・みぞおち・首

 

このうちの3つ

土ふます・膝・股関節の3つを意識してみよう

と思います

 

「4スタンス理論」で腰痛は9割治る!

「4スタンス理論」で腰痛は9割治る!

 

 

「4スタンス理論」で腰痛は9割治る!

大事なことは、自分に合った疲労回復法を選ぶこと

トップアスリートが実践している 最強の回復法

 

『大事なことは、自分に合った疲労回復法を選ぶこと』

とこの本の前書きにありました

まさにその通り

 

読み始めたばかりですが、面白そうな本です。

 

 

トップアスリートが実践している 最強の回復法

トップアスリートが実践している 最強の回復法

 

 

トップアスリートが実践している 最強の回復法

 

 

 

晴天強風の狭山丘陵をランニング

狭山丘陵に走りに行ってきました。
多摩湖堤防を走っていたらトノサマバッタが。

風が強くて身体が冷えているのか、
近づいても飛びませんでした。
ので至近距離から撮影。

f:id:karadaprostaff:20181101134108j:plain

f:id:karadaprostaff:20181101134121j:plain

 

その後、湧き水だまりで休憩してたら
マツモムシ発見!

f:id:karadaprostaff:20181101134101j:plain


こちらはうまく撮れませんでした。
マツモムシはタガメと同じ水中カメムシなので
小さいですが同じ能力を持っています
捕獲した獲物に消化液を打ち込み、溶かして食べる
ので、手のひらに載せたりして刺されると危険です。

水中カメムシたちやカマキリ、トンボ類などと同じく
生きたものしか食べないです。

肉食獣チーターや大型爬虫類コモドドラゴンとかは
切身の肉でもたべますからね
新鮮なものに限るとはいえ、死んだ肉でも食べる。

でもカマキリやトンボは生きてるものを捕獲して生きたまま喰いつく
命を喰わなくては気が済まないプライドの持ち主
まさにプレデターです。

タガメなどは自身の3倍以上ある魚襲ったりしますから
体長60センチのマツモムシがいたら水遊びしてる人間が襲われるなぁ…(笑い)

なんて考えながら風の強い晴天の狭山丘陵を走ってきました。

書籍『自転車の教科書』ステムを下げてハンドルを遠くしてみた

数年前、ロードレーサーのサドルを数センチ下げた

「もう、レースに出たりもしないしすこし低いほうが楽だろう」

と思って。

同時にステムを上げた

「ハンドルが近くて体が起きたほうが楽だろう」

と思って。

 

実際、楽になった気がした

 

 

今回『自転車の教科書』を」読んで

ハンドル近いのかな?と思いステムを下げてみた

 

非常にいい

手首の負担が減った

ハンドルは近いほうが楽

と思い込んでいたが

やはりちょうどいいところがいいようだ

 

道具は自分にとってちょうどいいのがいい

と改めて気づかせてくれた本

 

ほんとにいい本

 

自転車の教科書

自転車の教科書