~整体師の夜間走行~Runner in the Dark~

整体師の日記。身体の整備工として自分の身体の整備と趣味のランニングに関するブログ

筋肉の回復に必要な日数は 『(筋肉痛が消えるのにかかった日数)×2』

この季節になるとマラソンや登山で筋肉痛になる方多いですよね?
マラソン大会後は皆さん筋肉痛になられます。
どんなに鍛えても自分の限界にチャレンジすれば筋肉が傷つき、筋肉痛になってしまうものです。

マラソン後の筋肉のダメージが回復するのにどれくらいかかるか気になりませんか?

私の考えでは筋肉痛が出るほど激しく運動したとき、
筋肉の回復に必要な日数は

『(筋肉痛が消えるのにかかった日数)×2』です。

マラソンランナーを対象に行われた調査では、
フルマラソン後、脚の筋力がレース前のレベルに回復するのに14日前後かかるという結果が出たそうです。
この14日のうち前半7日間は血中のクレアチンキナーゼ(CK)の値が高かったそうです。

血中のCK濃度は筋肉損傷の指標になるんですよ。
なぜかというとCKは本来筋肉の中で働く酵素です。
それが筋肉が損傷することで血中に流れ出すんです。
つまり、「CKの血中濃度が高い」=「筋肉の損傷がある」
ってことですね。

マラソンレース後7日間は筋肉の損傷があってCK値が高く、
さらに筋力が回復するにはもう7日かかるってわけです。

CK値の高い期間と筋肉痛の出ている期間はほぼ重なるはずです。
なので、筋肉痛が出たとき、筋肉の回復に必要な日数は

『(筋肉痛が消えるのにかかった日数)の2倍』

筋肉痛が出た場合、
痛みがなくなってもまだ筋力は回復していない。
筋肉痛って疲労ではなく、筋の損傷、怪我なんですよね。
だから、しっかり回復させることをお勧めします。

広告を非表示にする