読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~整体師の夜間走行~Runner in the Dark~

整体師の日記。身体の整備工として自分の身体の整備と趣味のランニングに関するブログ

体力の限界…

こんにちわ。橋本です。

 

体力の限界…

 

7月5日、府中の陸上競技会での惨敗で、

めちゃめちゃ走ることへのモチベーションが高まりまして。

 

それまで「怪我のリスクが高い」ので避けていた瞬発力を高める高負荷なトレーニングをはじめ、ハードにトレーニングしてまいりました。

 

そして3週間。
アキレス腱に違和感あるわ、ふくらはぎ押さえたらめっちゃ痛いし、
背中ははるし、首も回りにくくなってきた。

 

回復力の限界…

 

 

私は、
行動するための体力を「表の体力」、
回復力を「裏の体力」と呼んでいます。

筋力や持久力などは、行動するための体力(行動体力)。
この行動体力の限界を決めているのは、回復力だと私は思っています。

加齢に伴う行動体力の衰えは、回復力の衰えだと思っていますし、
アスリートへのステロイド剤投与は回復力を高めるものだと思っています。

 

この3週間で裏表両面の体力の限界が良く分りました。
一般的には「表の体力」を基準にトレーニング計画を立てるのでしょうが、
私は「裏の体力」に合わせてトレ―二ングをコントロールしようと思います。

 

 

 

てな感じで、3週間のハードトレーニングに耐えられなくなり、
トレーニングをペースダウンする言い訳をもっともらしく書いてみました。

 

でもかっこよくないですか?「裏の体力」って、
影の軍団」とか「裏柳生」的な響きが(笑)

広告を非表示にする