読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~整体師の夜間走行~Runner in the Dark~

整体師の日記。身体の整備工として自分の身体の整備と趣味のランニングに関するブログ

ミオスタチン関連筋肥大

 こんにちわ。橋本です。

スポーツ遺伝子は勝者を決めるか?: アスリートの科学

スポーツ遺伝子は勝者を決めるか?: アスリートの科学

 

 この本に載っていたのですが、ミオスタチン関連筋肥大。

 

遺伝子の異常が原因でミオスタチンが欠如すると

 

筋肉の成長が止まらなくなるらしい。

 

マウスの場合、その筋肉量は2~4倍。

 

人であれば2倍の筋量になるという。

 

 

実際どれくらいになるのだろう?

 

普通に生活しているだけでベン・ジョンソンくらいになるのだろうか?

 

筋力の強さが競技成績に大きく影響する短距離競走には有利だろう。

 

 

身長176cm・体重60kgの私にミオスタチン関連遺伝子の異常はないに違いない。

 

私は、私に与えられた才能でベストを尽くそう。

広告を非表示にする